在宅ワークの仕組みと始め方

副業と言えば在宅ワークは外せません。でも聞いたことはあっても実際どういうものなのかわからない人が多い。そんな方のために仕組みや安全性などをまとめてご紹介していきます。

在宅ワークとは?

その名の通り『家に居ながら仕事ができる』それが在宅ワークです。在宅ワークは自分の技術に合う仕事を探し、こなすことで報酬を得ます。

ちなみにスキルマーケットも在宅で可能。自分の技術を出品して買ってもらうことで報酬を得ることができます。

在宅ワークを利用するにはまずはサイトに登録する必要があります。サイトによって多少違っても基本的なシステムは同じです。どのサイトも無料で登録できますが仕事完了後の報酬から手数料が引かれます。

大前提としてサイトはクライアント(仕事の依頼者)とワーカー(私達)をつなげる存在です。もちろんトラブルがないように管理してくれますが仕事内容についてはクライアントと交渉になります。

次に登録後のおまかな流れです。

① 仕事を探す
② 仕事に応募する
③ 採用&契約
④ 仕事開始&完了
⑤ 報酬受取

これが1サイクルです。

仕事はカテゴリーごとにまとめられていて自分に合うものを選ぶことができます。応募しても採用されないことはあるので根気よく応募して契約までこぎつけましょう。

契約したら実際に仕事を開始して完了したら報告・提出します。問題なければ報酬が支払われてお仕事終了となります。報酬は契約が締結された段階で一旦サイトに支払われ管理されるので仕事をしたのに報酬が支払われないということはありません。

継続する仕事もあれば1回で終わる仕事もあり、余裕があれば複数の仕事を同時進行させることも可能です。

システム自体は複雑なことはないのですぐ慣れると思います。

仕事の種類

サイトによって扱っている仕事は異なります。多種多様なジャンルを総合的に扱っているサイトからライティングだけのサイトまで。

右の写真は『クラウドワークス』のカテゴリーです。専門的な分野からカンタン作業まで多くの仕事があるので初心者でもできる仕事が必ずあります

専門的なカテゴリーでも『初心者歓迎』の仕事から経験を積んでいきながらレベルアップしていくことも可能です。

クリックで拡大

在宅ワークって稼げる?

結論から言えば十分稼げます!しかし、当たり前のことですが

誰にでも出来る仕事=低額
専門技術、知識が必要な仕事=高額

になります。簡単高額な案件はまず怪しいと思ったほうがいいです。前述しましたが初心者歓迎の仕事をこなして経験を積んで高額な仕事につなげていくのが理想的な進め方です。何事も地道にやるのが近道です。

専門的な技術を持っている方でも最初は信用度ゼロなわけですから低額でもなんでもやりましょう。最初から選り好みするよりもそのほうが早く稼げるようになるはず。

ちゃんと仕事をこなしていけば本業並かそれ以上に稼げるようになるのが副業のおもしろいところです。興味がある仕事を始めるいい機会になるかもしれませんね。

稼げるようになったら独立も夢ではありません。稼ぐ副業にするには冒頭で説明したスキルマーケットも利用して相乗効果を狙うのが有効です。スキルマーケットの記事も読んでガッツリ稼げるようになりましょう!

メリットとデメリット

それでは次に副業としての在宅ワークのメリット・デメリットを考えてみます。

メリット

  • 通勤時間がない
  • 時間に縛られずに仕事ができる
  • 仕事依頼の量、種類が多い
  • 自分に合った仕事を選べる
  • 金額や納期など交渉も可能
  • 自分のペースで仕事ができる
  • 専門技術、知識があれば本業並みに稼ぐことも可能

副業としては時間の自由度は十分なメリットでしょう。スマホやタブレット、ノートPCなどを駆使すればいつでもどこでも作業はできます。

仕事の種類や量があるので自分に合ったものが選べ、スキルアップしてより高額の案件をこなすことも可能になります。

デメリット

  • ネットだけではコミュニケーションが難しいことがある
  • 自分で勉強する必要がある
  • 自己管理ができないと難しい
  • ある程度経験を積むまでは採用されづらい
  • 怪しい仕事内容、クライアントも存在する
  • ある程度の技術や知識がないと低額な仕事しかできない

チャットや文章だけのやり取りだとコミュニケーション不足になりがちです。とはいえ直でのやり取りはセキュリティー上よろしくないというジレンマがある。

仕事によってはマニュアルがあるが結局は自分で勉強しているようなもの。仕事によってはビデオ通話で研修することもある。

在宅ワークの仕事履歴はクライアントも閲覧できるので、ある程度こなすまでは信用度が低く採用されにくい。最初はハードルの低い仕事や低額の仕事をこなしていく必要があります。

安全性と危険性

安全性

私は基本的にサイトのSSL対応とプライバシーマーク、運営企業の信頼度で安全性を判断しています。私の利用しているサイトではいまのところ迷惑メールや電話などの被害は一度もありません。

.SLL  サイト内の通信を暗号化して安全確保
.プライバシーマーク  個人情報を適切に扱っている

危険性

サイトの安全性はあってもクライアントが安全とは限りません。サイトが管理・監視しているとはいえ怪しいクライアントがいるのは否定できません。そこは利用者自身の自己防衛・自己責任になります。

たとえばサイトは直接の連絡や仕事・お金のやり取りを禁止しているのに直でやり取りをして被害に合ったならそれは自分の責任です。

依頼内容が怪しいものもあります。

  • 代理で商品の出品依頼
  • 荷物が届いたらさらに転送する依頼
  • アカウント貸しの依頼

あえて説明しませんがこれのどこが怪しいの?と思った人は在宅ワークサイトを利用しないことをおすすめします。他にもいろいろありますが怪しいと思える感覚がなければいけません。しかし特別な感覚ではなく一般常識があり正常な判断ができる人なら問題ないはずです。

私はこれらの仕事に応募すらしたことがないので本当に怪しいのかは不明です。中にはまともなものがあるかもしれません。でも私は今後もこれらの仕事はやらないでしょう。

在宅ワークを始めよう!

バナーからそれぞれのサイトに登録。案内通りに記入していけば無料で簡単に登録できます。

クラウドワークス

サグーワークス

ランサーズ
クラウドソーシング「ランサーズ」


クラウディア
クラウディア

Bizseek

コメント